銀行と消費者金融の違い

カードローンの取り扱いは、銀行や消費者金融などで行っています。同じカードローンでも、銀行か消費者金融かでいくつか違いがあります。

 

わかりやすい違いの1つに金利があります。消費者金融の場合、多くの利用者が18.0%の金利でお金を借りています。一方、銀行のカードローン利用者の多くは、15%未満の金利でお金を借りています。同じカードローンでも、低金利で借りたいならば銀行が有利です。

 

また、消費者金融は総量規制によって、年収の1/3を超える借入れができません。50万円を超える借入れ時には収入証明書類も必要となり、多額の借入時には少し気を使います。銀行業務は総量規制の対象外なので、年収の1/3以下という縛りはありません。収入証明書類も、200万円を超えるような多額の借入でなければ、求められるケースは少ないです。

 

金利や貸付け条件で見ると銀行のカードローンが有利ですが、融資の早さなどは消費者金融が便利です。銀行と違い土日祝日でも遅くまで借入れが可能な上、契約機の数も多いです。インターネットから申込みをする人も多いですが、契約機へ行けば、1時間程度で審査から借入れまでワンストップで完了します。

 

また、少額の借入ならば銀行よりも消費者金融の方が、審査に通ったという声は多いです。早くに借りられるのも大きな利点であるため、すぐに現金を用立てたいといった場合や10万円を借りたい少額の融資を希望する方は、銀行ではなく消費者金融の利用が良いでしょう。

 

消費者金融なら契約機を利用するカード発行で素早い土日の手続きも可能となり、銀行では難しい週末の対応も可能としてくれています。やはり早さや手軽さで見れば銀行よりも消費者金融が良い場合も多いので、利用先を選ぶ際には慎重に銀行にするか消費者金融にするかを決める必要があります。