返済や取り立てが気になる

カードローンでお金を借りたいと思っていても、実際の申込みはしり込みしてしまうという人もいます。しかしカードローンは対面せずとも申込みが可能です。実際の手続きは意外と淡々としているので、緊張する必要はありません。インターネットならWEBとメールのやり取りがほとんどです。

 

また、中には返済や取立てについて不安があるという人もいます。確かにお金を借りる時には、返済についてもよく考えて契約をするべきです。ただし、カードローンでお金を借りたからと言って、高額な返済を求められるわけではありません。

 

借りたお金の数%を毎月返済していくところが多いです。例えば三菱東京UFJ銀行のカードローン、バンクイックなら、借入残高10万円以内なら毎月2,000円。借入残高20万円以内なら毎月4,000円と返済額が変わっていきます。最低額の返済のみだと利息が高くついてしまうので、繰上げ返済を有効活用する利用者も多いです。

 

また、カードローンでお金を借りたからといって、きつい取り立てがあるわけではありません。毎月きちんと返済していけば、いちいち催促もきません。もし仮に返済が間に合わない場合でも、途端に威圧的な態度に変わるわけではありません。

 

ただし返済が遅れると信用情報に傷が付き、今後の各種ローン契約の審査に影響が出るので、注意が必要です。

 

信用情報に問題があると低金利のカードローンでの借り入れは難しくなり、どうしても条件に劣るキャッシングローンの利用しかできなくなる場合があります。信用状況がよくないと銀行のカードローンではまず借りられないため、今後の審査に大きな影響を及ぼしてしまうのです。

 

実際に、来店不要で口座開設も不要で手続きが進められるオリックス銀行カードローンの保証会社審査においても、CICなどの信用情報機関に悪い情報が残ってしまっているとどうしても審査には通らなくなってしまいます。

 

今後の利用を考える上で審査を不利にしたくないとするなら、返済はしっかりと行わなければなりません。また、信用情報における審査の影響はカードローンだけでなく様々なクレジット審査に広がるため、信用情報に問題を抱えてしまうと影響も大きくなってしまうのです。